CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>

アクセスアップに御協力願います。

ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 居住系施設には訪問看護は入れるの? | main | 特定施設入居時等医学総合管理料(特医総管) >>
在宅自己注射指導管理料について


算定の原則

 インスリン注射等別に厚生労働大臣が定める注射薬の自己注射を行っている入院外の患者に対して、自己注射に関する指導管理を行った場合に、月1回算定できます。

【算定点数】

 在宅自己注射指導管理料(月1回)820点

 血糖自己測定器加算(月1回、インスリン製剤3月分処方の場合は3月に3回)

   1 月20回以上測定 400点

   2 月40回以上測定 580点

   3 月60回以上測定 860点

   4 月80回以上測定 1,140点(鵯型糖尿病のみ)

   5 月100回以上測定 1,320点(鵯型糖尿病のみ)

   6 月120回以上測定 1,500点(鵯型糖尿病のみ)


【留意事項】

在宅自己注射指導管理料を算定している患者の外来受診時に、当該在宅自己注射指導管理に係る皮内、皮下及び筋肉内注射を行った場合の費用及び当該注射に使用した当該患者が在宅自己注射を行うにあたり医師が投与を行っている注射薬の費用は算定できません。ただし、在宅自己注射指導管理に係る薬剤以外の他の疾病についての手技料・薬剤料は算定できません。

血糖自己測定器加算は、在宅自己注射指導管理料の加算であり、在宅自己注射指導管理が行われていない場合は算定できません。

血糖自己測定器加算 は4月にインスリン製剤を3ヶ月分処方した場合は、4月に血糖自己測定器加算を3回分算定します。

血糖試験紙、固定化酵素電極、穿刺器、穿刺針及び血糖測定器を患者に給付又は貸与した場合における費用その他血糖自己測定に係るすべての費用は所定点数に含まれ、別に算定できません。

【カルテの記載】

  在宅自己注射指導管理を指示した根拠、指示事項(方法、注意点、緊急時の措置を含む)、指導内容の要点を診療録に記載する必要があります。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ ←クリックお願いします!
ブログランキングに登録していますので、ご協力お願い致します。

| 医療事務NORIKOのこれだけは知… | 20:10 | comments(20) | trackbacks(0) | pookmark |
FX 人気ブログランキングへ
コメント
はじめまして。
医療事務勤務のハラと申します。
血糖自己測定加算についてお伺いしたいのですが・・・・

例)9月にインスリン2か月分処方の場合

算定方法は・・・

9月  在宅自己測定加算×1
    血糖自己測定加算60回×2

を、算定すればよろしいでしょうか?
| ハラ | 2010/09/16 9:49 AM |
上記で間違いがありました!!

在宅自己注射管理料×1

でした。
| ハラ | 2010/09/16 9:54 AM |
ハラ様
お返事遅くなりました。
医療事務NORIKOに確認しましたが、
2ヶ月分処方の場合は、それでよろしいということでした。

だんだんと医療事務のよもやま相談室になりつつありますね・・・。
| たんぽぽ先生 | 2010/09/22 9:25 PM |
はじめまして。
在宅医療を担当しています。
 当院診療所では、在宅時医学総合管理料を算定しています。
 
患者さんで、在宅で導尿をヘルパーステーションの訪問看護(介護保険)で処置、設置している方がいます。
これにまつわる、カテーテル、ハルンバックなどは、当院より支給していますが、在宅自己導尿指導管理加算を算定してもよいでしょうか?
訪問時にDrが処置しなければ、算定できないものでしょうか?

算定要件の諸種の原因による、神経因性膀胱の患者さんです。

よろしくお願いいたします。
| 事務 みゆき | 2011/05/10 1:22 PM |
みゆきさん、はじめまして。

早速ご質問についてですが、この患者さんはカテーテルを留置していると思ってよいでしょうか。
その場合は在宅寝たきり患者処置指導管理料の対象となり、在宅時医学総合管理料とは併算定できません。
在宅自己導尿の対象者は自らが実施する排尿法となっています。一時的にカテーテルを挿入して排尿後に抜去しているのであれば病名も含め算定できるのではないでしょうか。
| 医療事務NORIKO | 2011/05/23 12:05 PM |
はじめまして。いつも勉強させていただいております。
在宅療養支援診療所で医療事務をしております。
在宅自己注射指導管理料について質問をさせていただきたいのですが…。


2010.4.15ブログより

留意事項として、
『在宅自己注射指導管理料を算定している患者の外来受診時に、当該在宅自己注射指導管理に係る皮内、皮下及び筋肉内注射を行った場合の費用及び当該注射に使用した当該患者が在宅自己注射を行うにあたり医師が投与を行っている注射薬の費用は算定できません。ただし、在宅自己注射指導管理に係る薬剤以外の他の疾病についての手技料・薬剤料は算定できません。』

と、ありますが
『医学通信社』の『2008年4月版診療点数早見表』には参考事項として
『当該指導管理に係る薬剤以外の薬剤については算定できる』と記載がありました。
青本には記載されていませんでしたが、薬剤は算定できるのでしょうか??

保団連へは電話にて確認し、薬剤のみ算定できるのでは?との回答をいただいています。

回答が複数あり、迷っております。
お返事よろしくお願いいたします。
| あき子 | 2011/06/07 4:22 PM |
あき子さん、こんにちわ。

迷わせてしまってすみません。
ブログの記載がまちがっております。
ただし、のあとは算定できます。が正解だと思います。

これからもよろしくお願いいたします。
| 医療事務NORIKO | 2011/06/09 4:29 PM |
ありがとうございました。

のあと…ということは、手技料・薬剤ともに算定できると考えてよいのでしょうか?

度々申し訳ありません。
| あき子 | 2011/06/09 9:44 PM |
あき子さん、こんにちわ。

わかりにくい回答でごめんなさい。

当該指導管理に係る薬剤以外の薬剤については算定できると
考えていいと思います。
| 医療事務NORIKO | 2011/06/13 1:46 PM |
はじめまして。すみません、教えていただきたいのですが、在宅時医学総合管理料(処方箋交付する)を算定している患者さんで、ペンニードルと、メディセーフチップと、針と、イノレットR注300単位1キットを出しているのですが、このような場合の算定はどうなるのでしょうか?算定可能と不可を教えてください、よろしくお願いします。
| 事務 ぼん です。 | 2011/11/22 11:10 AM |
当院での算定でお答えさせていただきます。
ペンニードルとチップは在宅自己注射指導管理料にて
お渡しし在宅時医学総合管理料との併算定は可です。
血糖の自己測定をしているのなら月の測定回数により
血糖測定加算も算定できると思います。
当院は針とインシュリンは院外処方でお出ししています。
| 医療事務NORIKO | 2011/11/28 6:03 PM |
お答え、返信、送っていただきありがとうございました。
両方の算定、可能ですよね。  また、コメントを送らせてもらうかもしれませんが、よろしくお願いします。
| 事務 ぼん です。 | 2011/11/29 1:38 PM |
はじめまして。いつも参考にさせて頂いております。
1つ質問させて頂きます。
特別養護老人ホームに於いて配置医師が診療を行った際に、在宅自己注射指導管理料は算定不可であることが
「特別養護老人ホーム等における療養の給付(医療)の取扱いについて」(平成18年3月31日保医発第0331002号)
に示されていますが、
配置医師が入所者に自己注射指導管理を行っている場合、
血糖自己測定器加算のみを算定することは可能でしょうか。
社保、国保、両方に問い合わせしてみましたが、
回答が異なり、迷っています。
| MIKU | 2011/12/26 7:03 PM |
在宅療養指導管理料の加算は主たる指導管理料が算定されたときにはじめて加算が認められるものなので、指導管理料がとれずに加算だけがとれるということはないと思うのですがいかがでしょうか?
| たんぽぽ先生 | 2011/12/30 5:15 AM |
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
また、年末のお忙しい中ご回答頂きましてありがとうございました。
私も先生と同様に解釈していたのですが、
医科点数表の解釈の296頁右欄には
「(1)在宅療養指導管理材料加算は、要件を満たせば、第一款在宅療養指導管理料を算定するか否かかかわらず、別に算定できる。」との記載があります。
如何でしょうか。
| MIKU | 2012/01/04 11:51 AM |
MIKU様
確かにご指摘の通り、特老の場合は指導管理料そのものが算定できないので、加算のみ算定できるようですね。
失礼いたしました。

**************************
原則として在宅療養指導管理料の加算は主たる在宅療養指導管理料が算定された時にはじめて加算が認められるものである。しかし、在宅療養指導管理料を算定せずに、在宅療養指導管理材料加算のみを算定できる場合は、次の3つのケースがある。

 2以上の在宅療養指導管理を行い、従たる在宅療養指導管理材料加算、薬剤料、特定保険医療材料料を算定する場合。
 特別養護老人ホーム、定員111人以上の養護老人ホームの入所者及び指定短期入所生活介護事業所の介護保険サービス利用者等に当該施設の配置医師が在宅療養指導管理を行い、在宅療養指導管理材料加算、薬剤料、特定保険医療材料料を算定する場合。
 介護老人保健施設の入所者に在宅療養指導管理を行い、在宅療養指導管理材料加算、特定保険医療材料料及び施設入所者自己腹膜灌流薬剤料を算定する場合。
| たんぽぽ先生 | 2012/01/07 4:29 PM |
筋肉注射ヒュミラを外来で算定して在宅でヒュミラの薬剤を持ち帰る時在宅自己注射管理料と薬剤は別に算定できますか?
| ひろみ | 2012/01/21 11:57 AM |
管理料を算定している患者の外来受診時にヒュミラの注射を行った場合は注射薬の費用は算定できないと思います。
持ち帰る薬剤については算定できるのではないでしょうか。
| 医療事務NORIKO | 2012/01/24 10:51 AM |
こんにちははじめまして、
昨日個別指導をうけ在宅自己血糖測定の回数の件でいろいろと指摘を受けました。
疑問点が何点かありますのでお教えいただけますでしょうか?

。慣遒覆蕋慣遒梁定ノートの控えの回数で算定するようとのご指摘を頂きました。
 この場合、4月初旬に来院いただいた場合や、半ばにいらした患者様の場合はの回数はどのようにすればいいのでしょうか?
  先月分(3月)の測定回数を数えて算定する解釈で正しいのでしょうか?

⊇蕕瓩瞳貪測定を開始される患者様の場合、初回に材料をお 渡しし測定方法の説明をしますが、算定回数はどうすれば
 いいのでしょうか?
 今までは医師の指示回数で算定していましたが、初回は算定 せずに次回来院された時の実際に測定された回数で算定・・ という解釈でいいのでしょうか?

材料が残っていて今月はいらないと言われた場合や、実際の 測定回数が 20回に満たない場合は算定できないのでしょ うか?

ぢ定ノートに書いてない場合は材料等渡すな、患者を甘えさ せるなと指摘されましたが、この場合は自費で購入していた だくのが正しい解釈なのでしょうか? 

 お忙しいところ勉強不足で大変申し訳ございませんが
 よろしくお願いいたします。

| みつぞの | 2012/10/13 1:53 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/03/17 12:28 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yuunomori2.jugem.jp/trackback/129
トラックバック